みなさまこんにちは。

本日はゴルフ歴12年の私が見た、

日本のゴルファーたちの残念な部分について、

日本のゴルフ業界の残念な部分について少し語ります。

 

結論から言うと、

日本におけるゴルフというのは

金持ちが金持ちである事を自慢する道具でしかありません。

 

理由その1

まず始めるのにお金がかかる。

 

ゴルフを始めるためにはまず道具を揃えなければなりません。

ゴルフクラブはもちろん、

ゴルフバッグ、ゴルフシューズ、ゴルフウェア、

ボール、ティー、手袋などなど。

 

安く揃えることもできますが、

テキトーに安物を揃えると結局買い換えるハメになる。

 

理由その2

練習するのにもお金がかかる

 

ゴルフほど練習するのにお金がかかるスポーツは

ないんじゃないかと思うぐらい、

毎日練習すれば破産するレベル。

 

レッスンなんかに通った日には

大変なことになります。

 

理由その3

ラウンドするのにもお金がかかる。

 

練習を重ねてやっとラウンドに行くとなったら

ラウンドにも当然お金がかかる。

 

ここで重要なのは

ゴルフのスコアアップには

たくさんラウンドすることが

必要不可欠だということ。

 

100切り、90切りぐらいまでは

月1、2回のペースでもそのうち達成できますが、

80台前半、70台ともなると

最低でも月4回は行かなければ厳しいです。

 

アマチュアでもトップレベルの人たちは

月8回なんて人もいるぐらいですから。

 

理由その4

うまくなると会員権を買わされる

 

そうこうしてなんだかんだうまくなってくると

ゴルフつながりの知り合いも増え

気づけば会員権買えばいいじゃん、

という話になります。

 

スコアが80台前半になると

月4回ぐらいはラウンドするだろう。

しかもそれだけのお金もあるだろう。

という前提で話は進められます。

 

ん?

ちょっと待てよ。

 

別にそんなうまくなりたくないし、

月1回友達と楽しくラウンドできればいいんだけど、

と思ったあなた!

 

その気持ちをいつまでも忘れないでください。

 

ゴルフをある程度続けてきて一番思うことは、

日本人のゴルファーが自分のスコアを人のスコアと

比べたがること。

 

一緒に始めた友達が100切ったのに

自分は切れない、とか。

 

自分より下手だと思ってた友達が

最近レッスンに通いだして

全く勝てなくなったとか。

 

初めて一緒にまわる人にも

「いつもどれくらいでまわるの?」

と、みんなスコアの話ばっかり。

 

その結果スコアをごまかす輩も数多く

見てきました。

 

これは日本人の勤勉さ、とでもいうのでしょうか。

せっかくやるならちゃんとやりたい。

→スコアが良い人の方がちゃんとやっている。

という発想。

 

私も

いやいや遊びですから!

 

って何度も大叩きした後に

自分自身に言い聞かせたことがあります。

 

海外でゴルフをすると

よく他人と一緒の組でまわることになるのですが、

どの国に行っても日本人のアマチュアゴルファーって

みんな上手なんだな、と思うほど

うまい人がいません。

 

打ち方も変だし、

平気で空振りだってする。

 

なのに全然恥ずかしそうな様子はなく、

みんな一生懸命まわっているのです。

 

日本人て人からどう見られるのかって

気にしすぎなんですよね…

 

日本人同士でまわると、

自分が下手くそだと同伴者に迷惑かかるし、

ミスショットしたらなんか申し訳ない空気になる…

 

後ろの組からもプレッシャーかけられ、

必死で前の組に追いつくことだけを考える。

 

確かにゴルフにおいて

スムーズな進行は必要不可欠です。

 

でも所詮遊びなんだから、

スコアがわからなくなるからって

真面目に成功するまでやり直す必要なんて

ないんですよね。

 

バンカーから打って出ないなら

手で出せばいいんです。

 

それでなんか言う人は

競技ゴルフに出てください。

 

日本人の幸福度は世界62位(156カ国中)

内訳は以下の通り。

 

健康寿命2位

自由度64位

寛容さ92位

腐敗のなさ39位

 

健康寿命がダントツで良いのに、

全体で62位というのは

寛容さ92位っていうのが

明らかに影響していますね。

 

これは先ほども言ったとおり、

日本人の勤勉さ、誠実さの

ダークサイドだと思います。

 

勤勉に、誠実に何かに取り組んでいる人が

尊敬される国民性の中、

遊びのゴルフでも

毎日一生懸命練習して良いスコアを出した人が偉い。

 

いっぱい練習してラウンドするために、

少しでも良いスコアに繋がる良い道具を買えるように

ちゃんと働いてお金を稼いでいる人が偉い。

 

という雰囲気が生まれてしまう。

ゴルフ場はこの日本の社会の縮図なのです。

 

豊かな日本の現代社会で、

良い車に乗り、良い格好で

良いゴルフバッグ、最新のクラブを持ち

高額な会員権を持つゴルフ場へ

毎週足を運ぶ。

 

そんな成功者、

日常生活ではほとんどお目にかからないですが、

ゴルフ場にはそんな人が溢れているものです。

 

私はそんな日本のゴルフが嫌いです。

 

いつか日本でも

ラフな格好で

公園でボール遊びをするように

誰でもゴルフを楽しめるようになればいいな〜

 

しかしゴルフ自体は

とても素晴らしいスポーツなので、

初心者の皆様も

自分なりのゴルフとの付き合い方で

自分の好きな仲間とゴルフを楽しんでください!

 

本日はこのへんでさよなら。