ゴルフを始めたばかりのみなさまへ。

レッスンに行ったり

経験者の友達に教えてもらうと

「まず7番アイアンから練習しよう!」

と言われたりしていませんか? 

 

これはゴルフ業界に伝わる

数あるしょーもない慣習の一つです。

 

大事な事を言っておくと

ゴルフクラブの振り方は

どんな短いクラブも

一番長いドライバーも

フルショットする時は一緒です。

 

ドライバーは長いから

振り方を変えるということはありません。

 

ただ長くなるにつれて

ヘッドの旋回半径も長くなり

一回のスイングでヘッドが移動する距離が増える

=1スイングあたりの時間が増えるので

スイングリズムは変わります。

 

もう一度言います。

 

クラブの長さは変わっても

振り方は同じです。

ただリズムが変わります。

 

またクラブの長さが変われば

アドレスした時のボールとの距離も

必然的に変わります。

 

実はスイングよりも

このアドレスする位置が非常に重要であり、

初心者の方が苦しむところです。

 

アドレスの時に

ボールとの距離が適切であれば

どんなスイングをしても

ある程度良い打球が行くということは

知っておいてください。

 

ただその逆も然り。

 

どんなに良いスイングをしても

アドレス位置がおかしいと

ミスショットとなります。

 

初心者を対象としたレッスンで

このアドレスの重要性を説明してくれる

レッスンプロは見たことがありません。

 

自分たちはアドレスの重要性について

嫌というほどわかっているのに。

 

ただこの適切なアドレスを取れるようになるのには

長い時間が必要だということも事実です。

 

そこで!

 

初心者にやって欲しいこと!

 

まず一番短いクラブから練習しましょう!

 

当然短いクラブになればなるほど

構えた時のボールとの距離が近いです。

 

目とボールの距離が近くなるので

ボールに当てるのは簡単になります。

 

アプローチウェッジやサンドウェッジから初めて

ピッチング、9番アイアンと

少しずつ長くしていきましょう。

 

ピッチングあたりが打てるようになりだすと

8番アイアンぐらいまでは

ナイスショットの確率が増えます。

 

急にミスショットが増えるのが

7番アイアンより長い番手。

 

個人差はありますが

7番アイアン以上の長いアイアンになると

女子プロでも苦手という人がいるらしいです。

 

そういう人は7番から上をユーティリティに変えたり

もはやロングアイアンを打たない、

という選択肢もあります。

 

プロでも苦手なのに

なぜ初心者に7番アイアンから練習しようと

勧めるのでしょう…

 

理由は2つ!

 

1つ目は打てないという事を自覚させ

またレッスンに通ってもらうため。

 

ピッチングから打たせて

「あれ、意外と簡単やん」

てなったらレッスン行こうと思いませんよね?

 

ゴルフ業界はブラックです。

間違っても最初から

某ラ○ザップゴルフとか行って

高額なレッスン代を払ったりしないでくださいね。。。

 

2つ目は

7番アイアンが打てれば

ドライバーのような長いクラブも

短いアイアンも打てるようになるため

7番から練習するのが

うまくなるための最短と思われているという事。

 

これも間違いです。

 

全てのクラブは振り方が同じなので

短いクラブの方が簡単で

長いクラブの方が難しくなります。

 

その理由は先ほど解説した通り、

長いクラブになると目とボールの距離が遠いのと

旋回半径が大きくなりタイミングが合わせにくくなるからです。

 

短いクラブは1、2で打てますが、

ドライバーは1、2ぃ〜、3ぁ〜んといったイメージでしょうか。

 

ただ何回も言いますが

振り方は一緒です。

 

ゴルフ初心者のみなさん、

ゴルフなんて面白くない!と思う前に

短いクラブ、そして自分の一番打ちやすいクラブから

練習しましょう!

 

私も初心者の頃

ピッチングばっかり練習していました。

当時まともに打てたのがピッチングだけだったから。笑

 

短いアイアンを正しい打ち方で打てるようになれば

ロングアイアンも必ず打てます。

 

F1ドライバーもいきなりフォーミュラカーには乗りません。

まずはスピードの出ないカートからです。

 

分かりにくい例えですいません…

長いクラブを打つのにはそれなりの経験が必要だという事ですね。

 

この記事を見て、一人でも多く、

ゴルフを楽しんでくれる方が増えれば嬉しいです。

 

みなさま良いゴルフライフを。