週末のゴルフ場どうしよっかな〜。

と、思い楽天GORAをポチポチ。

まあ特にこだわりないから安いとこでええやろ。

と、値段が安いゴルフ場を選んだ時のデメリットをご紹介します。

 

「遠い」

人が多く住んでいるところから近いゴルフ場は高く、

遠いゴルフ場は安い。

 

車の運転が好きな人には問題ないですね。

 

「ゴルフバッグはセルフで積み下ろし」

ゴルフ場に到着するとクラブハウス前は無人。

「はいおはようございま〜す」と言いながら近づいてきて

車からゴルフバッグを下ろしてカートまで運んでくれる

おっちゃんおばちゃんはいません。

 

自らゴルフバッグを下ろしてバッグ置き場に置いておくと

そこからカートまでは運んでくれます。

個人的には積み下ろしてくれなくていいので

これは全然オッケー。

 

「フェアウェイ狭すぎ」

たまになんでこんなフェアウェイ狭いねん、と思うゴルフ場があります。

そういうゴルフ場ではスコアメイクに苦労するもの。

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは上手くなるより

とにかく良いスコアを出したいので

フェアウェイが狭いゴルフ場には行きたくありません。

 

人気のなくなったゴルフ場は値段を下げざるを得ないので

安いゴルフ場=フェアウェイが狭いという構図が生まれるわけです。

 

「やはりコースコンディションは悪め」

フェアウェイやグリーン周りの芝がハゲていたり、

グリーンもカチカチやボコボコだったり、

上級者が安いゴルフ場に行かないのは

それらのコースコンディションがスコアに影響するからに

他なりません。

 

普段安いゴルフ場しか行かない人が、

たまに高級なゴルフ場に行ったら

芝がふかふかすぎて感動するでしょう。

(もちろん季節にもよりますが・・・)

 

もしスコアアップに悩んでいる人がいたら

一度普段行かないようなお値段高めのコースに行ってみると

意外と良いスコアが出るかもしれませんよ。

 

「人数詰め込みすぎ問題」

安いゴルフ場はたくさんの組をまわらせることで

利益を得ようとしています。

 

当然安いゴルフ場にサクサクまわれる上級者は

あまり多く来ませんから、

初心者などそもそもラウンドに時間がかかる人たちが

通常よりも詰め込まれる訳です。

 

「ハーフ2時間15分以内でまわりましょう」

なんていたるところに書かれていたりしますが、

そういうゴルフ場はハーフで3時間余裕でかかります。

 

あるゴルフ関係者に聞いたところ、

そういうゴルフ場は待ち時間に耐えかねて

キャンセルして途中で帰る組の分まで計算して

予約を詰め込んでいるそうなので、

そういう悪質なゴルフ場には行きたくないものですね。

 

「スタッフの態度が悪すぎ問題」

安いゴルフ場のスタッフさんは、対応が雑なイメージがあります。

※もちろん安くても素敵なスタッフさんばっかりのところもあります。

 

というよりも、

そういう安くてスタッフの態度が気になるゴルフ場というのは

スタッフの方がゴルフに興味がない人たちが多いような

印象を受けます。

 

ゴルフに興味がないので、

当然ゴルフバッグの扱い方も雑だし、

前述した詰め込みすぎのゴルフ場などでは

ラウンド中、ゴルファーがスイングしてる最中に現れ、

「もっと急いでください!」

などと声をかけて来たりします。

 

ゴルフに興味がないし、ゴルファーをバカにしています。

それでも安いから予約は埋まってしまうのです。

 

まとめ

以上、私が感じる安いゴルフ場のデメリットでした。

 

人によって感じるデメリット、

またそのデメリットへの許容範囲は違うと思いますが、

個人的にはクチコミで詰め込みすぎと書かれているゴルフ場と

一度まわってスタッフの態度が悪すぎると感じたところには

極力行かないようにしています。

 

上記のようなデメリットを回避するには

平日であれば1万円、休日であれは1万5千円以上の

ゴルフ場を予約することである程度効果があると思います。

(ハイシーズンはもう少し高いかも)

 

それでも安いということのメリットは大きいですから、

たくさんラウンドしたい方にとって

ある程度の我慢は必要かもしてません。

 

ただ、もちろん安いゴルフ場でも良いゴルフ場は

たくさんありますので、

安くてもみなさんにとってのお気に入りを

見つけてみてください。