ゴルフをやっているだけで金持ちじゃん。

こんな声が聞こえてきそうですが、

今回はお金持ちのゴルフと庶民のゴルフには

どんな違いがあるのか比べてみましょう。

 

①移動手段

金持ちゴルファー:ベンツ・アウディ・レクサス

貧乏ゴルファー:レンタカー

 

②ゴルフクラブ

金持ちゴルファー:毎年話題の新品に買い替え

貧乏ゴルファー:お父さんにもらった昭和の名器

 

③ゴルフ場

金持ちゴルファー:会員権持ちキャディー付

貧乏ゴルファー:楽天GORAの一番安そうなやつ

 

④ゴルフウェア

金持ちゴルファー:パーリーゲイツ、キャロウェイゴルフ、その他よくわからないがクソ派手なデパートのゴルフ売り場に売ってそうな高級ブランド

貧乏ゴルファー:ユニクロ、せいぜいアディダス、頑張ってニューバランス

 

⑤レッスン

金持ちゴルファー:有名プロも教えてる話題のレッスンプロ

貧乏ゴルファー:Youtubeのレッスン動画を見まくる

 

⑥ボール

金持ちゴルファー:タイトリストプロV1

貧乏ゴルファー:20球1000円のロストボール

 

⑦パター

金持ちゴルファー:スコッティキャメロンスコッティキャメロンスコッティキャメロン

貧乏ゴルファー:よくわからないけどオデッセイ、もしくはお父さんにもらった昭和の名器

 

いかがでしょうか。

ゴルフをやっている人ならきっとわかっていただけると思います。

 

ここで言いたいのは、

決して金持ちゴルファーにはなるな!!

ということです。

 

日本のゴルフは金持ちが金持ちであるということを

自慢できる仕組みになっています。

ゴルフ業界を取り巻く関連企業もあの手この手で

お金を巻き上げようとしてきます。

 

これからゴルフを始める人や、

ゴルフにお金がかかりすぎて悩んでいる人は

一度貧乏ゴルファーを目指してみてください。