パター練習に励んでいるのになかなかパターが上手くならない。

そんな皆さんにパターが劇的に上手くなる3つの方法を

お教えします。

 

その1 パターは打たずに押し出す

パターの距離感がなかなか合わない人に共通していることがあります。

それはボールを打つ時にカチンと弾くように打つことです。

 

パターで距離感を合わせたい時に大事なのは

ボールをフェースに乗せて押し出すように打つことです。

 

例えるならほうきでゴミを掃く時のように

優しくボールを押し出してみましょう。

 

目線はカップの方向を見たままでオッケーです。

カップまで遠い時は自然と大きなフォロースルー、

近い時は小さなフォロースルーになっているはずです。

 

その2 テイクバックで距離を調整しない

パットが下手な人の特徴として大きすぎるテイクバックがあります。

上手い人はテイクバックよりフォロースルーが大きく、

先ほど言ったような押し出しがきっちりできています。

 

対して下手な人はテイクバックが大きく

ボールを弾くように打った後、そこでスイングを止めてしまい、

フォロースルーがほぼないような状態になります。

 

この人たちはパターを弓矢のようなイメージで打っているとも言えます。

 

カップまで遠い時はテイクバックを大きく、

近い時はテイクバックを小さくしてボールを打ちにいきます。

 

弓矢とパッティングの違いは何でしょうか。

弓矢では目標に届けばいいので

いくら強くなっても問題がありません。

 

しかしパッティングでは強すぎると返しのパットがまた遠くなるので

カップ付近でボールが止まるようなコントロールを

しなければならないのです。

 

結果テイクバックで距離感を調整しようとしている人の多くは

強く打ちすぎてカップをはるかにオーバーして3パットを叩く

というミスを頻発するのです。

 

その3 ショートパットはフェースの向きを合わせるだけ

ロングパットもショートパットも同じ打ち方でいいのでしょうか。

ロングパットでは距離感を合わせることが1番の目的であるのに対し、

ショートパットではカップにボールを沈めることが目的となります。

 

つまりロングパットでは少し方向がずれても問題ありませんが、

ショートパットでは方向が少しでもずれると致命的なミスとなります。

 

しかし、多くの人がショートパットを打つ時も

距離感を合わせるロングパットのような打ち方をしてしまっています。

 

もしボールとカップの距離が近づき、

あなたの距離感で3パットの不安がない位置まで来たら

そこで意識して欲しいのはフェースの向きだけです。

 

ヘッドを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すことは重要ではありません。

 

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ押し出しても

フェースの向きがずれていれば

ボールはフェースの向きに飛び出すのです。

 

少しテイクバック、フォロースルーが曲がっても

フェースの向きがターゲットの方を向いていれば

ボールはターゲットの方向に向かうことを覚えておいてください。

 

まとめ

以上、3つのポイントについて述べましたが

いかがだったでしょうか。

 

おそらくパターに自信がない方で

上記の3点を全て実践しているという方はいないと思います。

 

100切りを目指す方たちは、

まず上記の方法で3パットをなくすことを目指してみてください。

 

特に押し出す感覚で距離感が出せるようになってくると

あなたのパッティングは劇的に変わるでしょう。

 

パッティングというスコアに直結する武器を手に入れて

更なるスコアアップを!!