2mのパットを確実に決めれるようにと

自宅にパターマットを買ってきて毎日練習しているあなたは

相当なゴルフ好きです。

 

プロの選手でも自宅でパター練習を欠かさないといった選手は多いです。

それほどパターの腕前はスコアに直結します。

 

しかし!

その自宅でのパター練習があなたのスコアアップを妨げているかもしれない!

 

今回は自宅でのパター練習によるデメリットと

効果的な練習方法について解説します。

 

自宅のパターマットの速さをカラダが覚えてしまう

毎日自宅で何十球、何百球と打っていると

自宅のパターマットの速さをカラダが覚えてしまい、

距離感がつくられていきます。

 

いざラウンドで自宅での練習と同じ距離を打つとき、

見た目の距離感はその日のグリーンの速さよりも

毎日自宅で作られた距離感を優先してしまいます。

 

自宅のマットと全く同じ速さのグリーンであれば

その日のラウンドは最高の結果となるでしょう。

 

しかし、速かったり遅かったりするグリーンで

いつもの距離感に逆らって打つのはなかなか難しいものです。

 

初心者・中級者に必要なのは方向より距離感

2mのパットを確実に沈めろとよく言われますが、

それは上級者でも難しい話です。

 

なぜならグリーンには芝目も傾斜もある中で

毎回2mのパットを沈めるのは単にパッティングの技術だけでなく、

読みが重要になってくるからです。

 

プロは試合前のラウンド練習で各ホールのグリーンの特徴を把握し、

練習した上で試合に臨んでいます。

 

もし自宅で2mのパットを確実に沈められるようになったとしても

実際のラウンドでは芝目と傾斜を読み切らなければ入りません。

 

そこで一番大事なのは実は方向性ではなく距離感なのです。

オーバーしすぎずショートしすぎず、

確実に2パットできる距離感なのです。

 

しかし、自宅でのパター練習をしている人の多くは

真っ直ぐ打ち出すことにのみ集中している傾向にあります。

 

大事なのは芯に当てること

では自宅で距離感を養うにはどうしたらいいのでしょうか。

それは毎回パターの芯にボールを当てられるように練習することです。

芯に当たることで毎回同じ強さで打ち出す事ができます。

 

自宅のパターマットで2mを何百球打っても

そこに緊張感はありません。

 

パターマットを買ってきて練習しているようなゴルフ好きなあなたは

プレッシャーがかからなければラウンドでも真っ直ぐ打てるのです。

ラウンド前の練習グリーンではスポスポ入るのに

なぜか本番では短い距離も入らない。

ゴルフはメンタルのスポーツなのです。

 

メンタルを鍛えるのはラウンド数を重ねる以外にありませんが、

2パットで確実に沈めるための1打目の距離感は自宅で作れます。

 

それが芯に当てる練習ということです。

 

距離感を作るのに効果的な練習法

芯に毎回当てるようになれる練習法。

それは芯でひたすら打つことです。

 

何かクッションになるようなものに向かって

壁当てのようにひたすらボールを芯で打ち続けてください。

(クッションとなるものはボールが跳ね返ってくる素材が良いです。)

この時クッションは50cm程先に置いておけばオッケーです。

実はこの方法は女子プロで一番パットがうまいと言われている

鈴木愛選手が自宅でやっていた方法でもあります。

 

ラウンドのように1球1球集中して慎重に打つ必要はありません。

壁あてして跳ね返ってくるボールをまた打つ。

 

そのうち芯に当たった時と芯を外した時の違いが

分かるようになると思います。

 

芯で打つという事が理解できたら

実際ラウンド前のパッティング練習で

今までとは違った感覚でボールを操作できるはずです。

 

まとめ

自宅でのパター練習によるデメリットは

自宅のパターマットに距離感が合ってしまう事。

 

たくさん練習すればするほど、

何にも練習していない時の方が良かったなんてことになりかねません。

 

実際ボールを芯で捉えている人は

距離感で悩んだりしません。

自分が思った通りにボールが転がるからです。

 

アマチュアゴルファーの距離感に関する悩みのほとんどは、

実は毎回芯に当たったり当たらなかったりすることによる

バラツキなのです。

 

まずは毎回芯にボールを当てる技術を身につけましょう!

そうすればあなたも鈴木愛です。

 

2019.08.28