結論:インサイドアウトのスイングは一瞬で作れます。

 

ゴルフを始めてしばらく経つがスライスが止まらない。

アウトサイドインのスイングがどうしても直らない。

 

などのお悩みを持った方へ、

インサイドアウトのスイングからドローボールを打つ方法を

お教えします。

 

アウトサイドインになる理由

ではなぜ初心者の方の多くがアウトサイドインの軌道で

スイングしてしまうのでしょうか。

 

答えは真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打とうとしているからです。

 

ボールを打つ時、ターゲットに向かってヘッドを真っ直ぐ引き始めると

クラブは自然とカラダから離れていきます。

 

これは長いクラブになればなるほど顕著です。

だからドライバーだとスライスが出る確率が高いのです。

 

スイングというのはそのクラブの長さに応じて

弧を描いていなければなりません。

カラダの軸を中心として、

短いクラブなら小さいアーク、

長いクラブなら大きなアークを描きます。

 

ボールが真っ直ぐ飛ぶというのは

そのアークの中でヘッドがターゲットに向かっている瞬間に

ボールに当てているだけにすぎません。

 

だからプロは大怪我をしないように

ストレートの打球ではなく、

必ずドローかフェードの持ち球を持っています。

 

ストレートを狙うと少しタイミングがずれるだけで

ドローになるのかフェードになるのかが変わってしまうからです。

 

もう一度言いますが、

ヘッドを真っ直ぐ引いている時点で

クラブはカラダから離れている、

すなわちアークの外側に引いていることになるのです。

 

これがアウトサイドインを生み出す要因ですね。

 

こうすればインサイドアウトになる!!

ではどうすればアウトサイドインのスイングを

インサイドアウトに直せるのか。

 

大事なのはカラダの軸を中心として

ヘッドが弧を描いてスイングしていくことです。

 

***解決方法***

→右脇に手袋を挟んだまま打ってみる。

(左打ちの人は左脇です。)

 

手袋じゃなくてもいいです。

タオルでも紙でも何か薄いものを右脇に挟んだままスイングしてみましょう。

 

右脇が閉じたままなので、

ヘッドを真っ直ぐ引くことはできず、

自然とカラダに巻きついたテイクバックとなります。

 

おそらくそれまでアウトサイドインで打っていた人は

最初ヘッドがボールに当たらないと思います。

 

とにかく当たるようになるまで

右脇に何かを挟んだまま打ってみてください。

当たらなければどうすれば当たるのかを考えてみてください。

 

その状態でしっかりボールを捉える事ができるようになれば、

もうインサイドアウトのスイングは完成しています。

 

ポイントは手でボールを打とうとしない事!

 

手はあくまでもスイングアークを作るお手伝いで

クラブヘッドの軌道がずれないように支えているだけです。

 

また練習である程度打てるようになったら、

実際ラウンドする際も右脇に何かを挟んだまま打ってみてください。

自然とコンパクトなスイングになり、

今までとは違ったゴルフに出会えるはずですよ。

 

皆様のゴルフが少しでも変わりますように。

 

2019.08.27