ゴルフに行く前にラウンドのイメージトレーニングを行っていますか?

今回はイメージトレーニングのやり方と

その効果についてご説明します。

 

ゴルフに効果的なイメージトレーニングとは

イメージトレーニングなんてどうやったらいいか分からないという方へ、

これだけやっとけば大丈夫!という2種類をおすすめします。

 

①暇な時に頭の中で打ちっ放しに行く

仕事が忙しく、なかなか練習にも行けないというあなた。

気づけば前回のラウンドから一ヶ月。

全くクラブも握ってないよーとゴルフ場へ向かう事も

多いのではないでしょうか。

 

そんな時忘れないで欲しいのがイメトレです。

頭の中で実際にボールを打ってみましょう。

得意なクラブ、苦手なクラブ、アプローチ、パターも。

 

5分でも10分でもいいです。

とにかく頭の中でスイングを繰り返してください。

クラブの重さや、ボールに当たった感触なども

リアルに思い浮かべてください。

 

これを日々繰り返している人と

1ヶ月間何もゴルフの事を考えなかった人とでは

久しぶりにゴルフクラブを握った時の感覚が全然違います。

 

その理由については後ほど説明します。

 

②ラウンドするゴルフ場を頭の中で1回まわってみる

ゴルフ場の予約を取ったら一度そのゴルフ場のコースガイドに

目を通してみましょう。

1番ホールから18番ホールまで

どのクラブを使って回る事になるのかイメージして

できれば頭の中で1ラウンドしてみましょう。

 

先ほどと同じく、

ゴルフ場の芝やクラブの重さ、打った感触までできるだけリアルに

イメージしてみましょう。

 

これに関しては、もしラウンド前に打ちっ放しに行く事があれば

打ちっ放しで実際に18ホール回る事を想定して

打ってみるのがより効果的です。

 

頭の中で1ラウンドすれば

だいたいどのホールでどの番手で打つかイメージできるはずです。

このイメージと実際使うクラブは違っても大丈夫。

プロが試合前に戦略を立てる時とは違い、

とにかく脳でゴルフしている自分をイメージする事が重要なのです。

 

イメージトレーニングが効果を発揮する仕組みとは

筋力トレーニングに関する実験でこんなものがあります。

 

ある被験者グループに右手の握力を鍛えるトレーニングを一定期間させたところ

その被験者たちは左手の握力まで上がっていたのだそうです。

 

左手はその期間一切トレーニングしていないのに不思議ですよね。

これは筋力ではなく、脳の運動神経が鍛えられたからに他なりません。

 

つまり、頭の中でイメージしているだけで

実際にはカラダが動くようになるというのです。 

 

もう一つのエピソードをご紹介します。

何年も刑務所に収容されていたある囚人が

毎日毎日暇だったので、頭の中でゴルフをして遊んでいたそうです。

その囚人は実際にゴルフをやった事はなかったのですが、

来る日も来る日も頭の中でラウンドを繰り返しました。

いよいよ釈放になった囚人は生まれて初めてゴルフクラブを握りました。

するとなんと上級者のようなゴルフの腕前になっていたのです。

 

もうお分かりですね。

上記の被験者や囚人は運動に関わる脳の伝達神経を鍛えていたのです。

つまり実際にゴルフをしていない時間でも

ゴルフに必要な神経をトレーニングする事が可能なのです。

 

イメージトレーニングの重要性がお分かりいただけたでしょうか。

私も昔ゴルフに行く前に家で「みんゴル」をして遊んでいたら

その次のラウンドでスコアが良かったことがありましたが、

「みんゴル」もイメトレになっていたのでしょうか。笑

 

滅多に練習のできないF1レーサーは頭の中で

何百周もコースを走行すると聞いた事があります。 

皆さんも日々の空いた時間で是非脳内ゴルフをしてみてください。

きっとスコアアップに繋がるはずです!!

 

2019.08.26